西端真矢

ARCHIVE:
女子の生き方 / 文学・思想・美学論 / 中国、日中関係 / 着物日記 / 仕事論 / 日々のこと / 世の中のこと / 和のこと / / 吉祥寺暮らし / 本や映画や美術展感想 / お仕事ご報告 /

2021年 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2020年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2019年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2018年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2017年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2016年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2015年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2014年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2013年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 3月 / 1月 / 2012年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2011年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2010年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 /

「婦人画報」4月号にて、小池百合子知事×冨永愛さんが“メイドイン東京プロダクト”を語る対談を取材しました。 2021/03/13



%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E5%AF%BE%E8%AB%87.jpg
発売中の「婦人画報」4月号にて、小池百合子都知事とモデルの冨永愛さんの対談を取材執筆しました。
連日のコロナ対応で多忙極まる小池知事ですが、しかし、もちろん、知事の仕事はコロナ対策に限定されるものではありません。

前回の任期より特に力を入れて取り組んで来たという、「江戸東京きらりプロジェクト」。
モダンデザインの江戸切子、刀の鍔の細工から生まれた特別なジュエリー、江戸小紋柄のストール、10センチハイヒールとして履けるスタイリッシュな草履、チューブ型の江戸菓子、希少な“江戸酵母”から生まれる日本酒などなど、ファッションからフードまで、百年以上続く東京の老舗が生み出す逸品、それも、現代の暮らしに寄り添う使用法や新しいデザインを備えたプロダクトを選出し、言わば“都のお墨つき”でプロモートしています。

コロナ以前は、積極的に海外でプロモーションを行い、成果を挙げていたのですが、残念ながら現在は、海外展開は少し歩をゆるめるしかありません。
そこで、国内の方に改めてこの魅力的な東京プロダクトを知って頂き、そして購入して頂こうと、新たなプロモーションを開始。その皮切りとして、世界と日本を行き来して活躍する冨永愛さんと知事との対談が実現しました。

私も長くこの仕事をしていますが、SPに守られながらインタビューをするのは初めての体験。コロナで打撃を受けているのは老舗の方たちも同じなのだ、少しでもお役に立てるように、と、心を込めて取材、執筆に臨みました。森山雅智さんによる、美しくも温かく楽しい現場の空気を伝える写真とともに、ぜひご高覧ください。