西端真矢

ARCHIVE:

紅花紬で、東博「茶の湯展」鑑賞1回目(あと3回参上予定♪) 2017/04/20



暖かな春の陽の今日、東博で開催中の茶道美術展「茶の湯」展へ、第一回目の遠征をして来ました。
37年前、茶の湯で用いられる名品の数々が、全国の美術館、そして全国の数寄者のもとから一同に会した「茶の美術」という展覧会が、やはり同じ東博で開かれています。今や伝説となったこの展覧会が、平成の今年、復活。しかも、37年前に一切を取り仕切った林屋晴三先生が今回の初日の数日前に逝去、というドラマチックな幕開けをしています。
私自身は37年前、母に連れられてこの展覧会に行った記憶がうすらぼんやりとあり、しかしその時十歳、まだ展示作品の意味も真価も分からず‥‥ただ光悦の茶碗を眺めたことだけが目の記憶の中に残っています。
今回の「茶の湯」展は、
1章「足利将軍家の茶湯 唐物荘厳と唐物数寄」
2章「侘茶の誕生」
3章「侘茶の大成 千利休とその時代」
4章「古典復興 小堀遠州と松平不昧の茶」
5章「新たな創造 近代数寄者の眼」
の5部構成。ものベースではなく、茶の湯の歴史を時間軸に沿って見つめながら、その中で各道具がどのように賞玩されていったかが理解出来るよう構成されています。
各章で細々と展示替えがありますが、明治以降の近代大茶人のコレクションに光を当てた5章が2週間ごとに茶人を変えて、大きく展示替えとなるので、勉強のため、4回すべて足を運ぼうと思っています。今日はその1回目という訳なのでした。
気合を入れて、入口の大きな看板の前で↓(お着物好きの皆様へ、着物の詳細は後ほど)
%E8%8C%B6%E3%81%AE%E6%B9%AF%E5%B1%95%E7%9C%8B%E6%9D%BF%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

実は、今日を初回に選んだのには理由があり、会場の平成館1階ホールで、4月中連日開催されている茶道各流派持ち回り呈茶席で、武者小路千家東京支部のお友だち二人がお点前をする!とのこと。足休めにお茶もいただきたくなるだろうし、ぜひ20日に!と決めたのでした‥が、あっと言う間に茶券が売り切れ、私が着いた時にはもう‥泣。それでも気を取り直し、友人の雄姿を写真に収めました。お点前のときではなく、お運びを担当されている時の様子です↓
%E9%9B%AA%E4%B9%83%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%BB%E3%81%95%E3%82%93.jpg
左は吉田雪乃さん、右が渡辺みずほさん。お二人とも、着物好きの方はご存知かもしれません。吉田さんは伝統色彩士協会の代表であり着付け師であり、渡辺さんも着付け師として活動しています。
呈茶席のお床はこちら。武者小路千家十一代お家元一指斎の「柳緑花紅」のお軸がかかっていました↓
%E6%AD%A6%E8%80%85%E5%B0%8F%E8%B7%AF%E5%8D%83%E5%AE%B6%E3%81%8A%E5%B8%AD%E5%BA%8A.jpg

    *
さて、展覧会の話に戻ると、会場内には、古田織部作の国宝茶室「燕庵」の復元茶室も展示されています。撮影OKなので、公開↓
%E7%87%95%E5%BA%B51.jpg
こちらは点前座からの景色↓
temaezakara.jpg
方向音痴、且つ展開図の読み解きが極度に苦手な私は、これまでこの「燕庵」の図面+一部写真+文章での解説に何度もトライしているのですが、どうしても理解出来ず‥しかし実物が立ちあがったものを見て、ようやく理解することが出来ました。私のような立体バカには、このような展示は本当に貴重なものです。
今回の「茶の湯」展は、この茶室展示のほか、茶の湯がどのように同時代の風俗絵に描かれているかを見るコーナーがあったりと、37年前より、より多角的に茶の湯を捉える意欲的な構成です。出品作品もとてつもなく多く、一日ではとてもとても総てをしっかりと味わい、咀嚼することは出来ません。
私は今日は、午後いっぱい使って、1章、2章、3章の初めの1コーナーのみ、5章、茶室展示…を見ました。これからの3回を使って、残りの章を見たり、一度見た章も再度振り返るなどして、内容をしっかり味わい、しっかりと目と頭に定着させて行くつもりです。特に3章の分量が膨大なので、スケジュールの都合で1日しか足を運べない方は、時間配分を考えて回ると良いと思います。
    *
こちらは、会場を出たお庭の花水木の前で。後ろに、大好きな本館が映っています。
帝冠様式と呼ばれる、洋風建築の上に瓦の屋根が載った建築スタイルが大好きで、日本でも中国でも見かけては一人萌えているのですが、特にこの東博本館は、その最もお金のかかった威風堂々スタイル。萌え度マックスです↓
%E8%8A%B1%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%AE%E5%89%8D%E3%81%A7.jpg
お着物ファンの皆様のために、帯周り写真も↓
%E7%B4%85%E8%8A%B1%E7%B4%AC%2B%E9%87%8C%E5%B1%B1%E9%A2%A8%E6%99%AF%E5%B8%AF%E5%AF%84%E3%82%8A.jpg
着物は、米沢「新田」の紅花紬。紅花染めはピンク色(紅色)がスタンダードですが、紅花の花びらを最初に絞った時に出る色は、黄色。その黄色で染めた糸を主にした紬です。格子柄の筋に、一部紅色も使われています。
帯は、13日のブログでも締めていた、春の里山風景の名古屋帯。祖母が型染したものです。桜の季節は終わりましたが、ちょうど今日の写真の花水木のように、桜の後に咲くピンク色の花の木が満開の様子…ということで(*^^*)
   *
いかがでしたでしょうか、見どころのいっぱいの「茶の湯」展。ぜひ皆様もお運びください。
現在はバックナンバーとなりましたが、私が担当しました「婦人画報」4月号中のこの展覧会の特集も、お取り寄せいただいて参考にして頂けたら幸いです♪

にほんブログ村

にほんブログ村

中村勇次郎訪問着で、GINZA SIX内覧会へ。 2017/04/18



G6.jpg
今週木曜日、20日にオープンする「GINZA SIX」。
連日開かれている内覧会に足を運びました。
240店舗ほどもお店が入っているということで、とても総てを回ることなど出来ず、とてつもない人出。その中をかき分けかき分け、ご招待を頂いた「OKANO」さんへ。博多織の「岡野」さんの東京旗艦店です。
……と言っても、着物・帯は少なく、スカーフが中心。例えばこちらは、エルメスなどのようなスカーフの生地に、友禅で鳳凰を染めたもの。100万円超えのお品です(@_@)↓
OKANO%E5%8F%8B%E7%A6%85%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%95.jpg
こちらは、アーティスト小松美羽さんが手描きしたもの↓
OKANO%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E9%A1%8D%E8%A3%85.jpg
こちらはシフォン生地のスカーフで、着物のぼかし染の技法で染められたものです。10万円台。美しい…!↓
OKANO%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E5%BC%95%E3%81%8D%E6%9F%93%E3%82%81.jpg
こちらのシリーズは、エルメスなどのスカーフと同じような、プリントもの。雪輪、博多織の独鈷模様など、日本の伝統模様を大胆にアレンジした大判スカーフです。上のシフォンスカーフと合わせ、海外の方にも人気を呼びそうですね。5万円台↓
OKANO%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%95.jpg

お友だちのまりなさんと遭遇↓
OKANO%E3%81%AB%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8.jpg
まりなさんは、タレントプロダクションを経営されています。2年前、きものイベントの裏方運営を一緒に回して親しくなったのですが、前に出るべきところは前に出、サポートに回るところは回ってくれる、こんなに働きやすい人は滅多にいないというくらい、素晴らしい仕事人でした。女性でも男性でも、私は仕事の出来る人が好き…なので、まりなさんが大好き。最近は尾上流日本舞踊を始めたそうで、そのうち舞台に伺うのを楽しみに♪

旧友のライター“きたもっち”こときたもとゆうこ嬢にも遭遇。日経スタイルなど様々なメディアでトレンド情報を発信しています(写真、ピンボケ気味です)↓
OKANO%E3%81%AB%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%81%A8.jpg

私の着物は、伊勢型紙彫りの人間国宝・中村勇次郎の型を染めた江戸小紋。染めの段階で訪問着になるよう色を染め分けたものです。全身の写真がないのでちょっと分かりにくいのですが…またそのうち別の機会に着用して撮影したいと思います。今日は帯の寄りを。「加納幸」の葡萄唐草+華紋柄の帯に、「道明」のインパクトある帯〆を入れることでコーディネイトのアクセントにしました。この写真ではあまり見えていませんが、「ゑり正」の紫の輪出し絞りの帯揚げを締めています↓
%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%8B%87%E4%BA%8C%E9%83%8E%EF%BC%8B%E5%8A%A0%E7%B4%8D%E5%B9%B8%E5%B8%AF%E5%AF%84%E3%82%8A.jpg

GINAZA SIXには「OKANAO」の他に、もう一店着物店が入店しています。
その「JOTARO SAITO」にも足を運びました。ディスプレイがとてもスタイリッシュです。ご覧ください↓
JS4.jpg
JS3.jpg
JS5.jpg
JS2.jpg
JS1.jpg

銀座の真ん中で、海外からの顧客も取り込むべく出店した2店。着物ファンとして、その勇気とチャレンジ精神に大きな大きなエールを贈りたいと思います。「OKANO」「 JOTARO SAITO」の発展を祈って!

にほんブログ村

にほんブログ村

楽焼き「茶碗の中の宇宙」展 2017/04/15



FB_IMG_1492242603841.jpg
東博、近美、出光と、茶の湯美術展が目白押しのこの春、まずは近美の楽茶碗展を制覇。
茶陶とは美術なのか、茶陶という別の領域にあるものなのか、ということに思いをめぐらせる…

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

着物で青梅へ。「鷹取麻利子友禅染」展と青梅の美しい枝垂れ桜 2017/04/13



今年に入ってから、ほとんどきものを着る機会もなくバタバタしていたのですが、一本納品を終えて、今日はきもので青梅へ。青梅在住の東京友禅作家の鷹取麻利子さんの作品展を拝見に伺いました。
鷹取さんと出会ったのは、3、4年前きものサローネでした。ブースを出していらっしゃったので作品を拝見し、しばしお喋り。以来、お友だちの片隅に加えて頂いています。サローネには何かと批判を言う方もいらっしゃるようですが、作家と着物愛好者の出会いの場として、私のような(常に取材対象者を探している)マスコミの人間との出会いの場として、貴重な一面を持っているのではないでしょうか。

さて、その作品をご覧ください↓
%E9%B7%B9%E5%8F%96%E3%81%95%E3%82%93%E4%BD%9C%E5%93%812.jpg
%E9%B7%B9%E5%8F%96%E3%81%95%E3%82%93%E4%BD%9C%E5%93%811.jpg

ご本人と一緒に↓
%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%A7%E9%B7%B9%E5%8F%96%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8.jpg

こちらは帯地↓
%E9%B7%B9%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93%E5%B8%AF%E5%9C%B01.jpg
%E9%B7%B9%E5%8F%96%E3%81%95%E3%82%93%E5%B8%AF%E5%9C%B02.jpg
写真上の左端の帯は、マーラーの肖像を意匠化しています。一見、中小模様のように見えて、よく見ると肖像という、素敵なデザイン。

他にもこんな素敵な作品たちが‥
%E9%B7%B9%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93%E5%B8%AF%E5%9C%B0%E3%81%AA%E3%81%A9.jpg
%E6%98%A5%E3%81%AE%E6%9A%96%E7%B0%BE.jpg
%E5%A4%8F%E3%81%AE%E6%9A%96%E7%B0%BE.jpg
秋のコーナー。すすきなどの草は、総て、鷹取さんがご自宅周辺の青梅の里山から集めたものだとか↓
%E7%A7%8B%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg

作品展が行われているのは、「繭蔵」という素敵なカフェ。土蔵を改築して作られています。
%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%90%E3%82%89.jpg
玄関の三和土も陶片?タイル?を使った素敵なもの。
%E9%99%B6%E7%89%87%E3%81%AE%E4%B8%89%E5%92%8C%E5%9C%9F.jpg

以前、広告系のお仕事で毎年のように青梅に行っていたことがあり、青梅は大好きな町です。夕方、鷹取さんのご案内で、近くの桜の名所へ出掛けました。「梅岩寺」の枝垂れ桜。樹齢150年とのことで、7,8メートルほどの枝が山から垂れている姿は圧巻です。
%E6%9E%9D%E5%9E%82%E3%82%8C%E6%A1%9C2.jpg
%E6%9E%9D%E5%9E%82%E3%82%8C%E6%A1%9C.jpg

桜の下で、鷹取さんと♪
%E9%B7%B9%E5%8F%96%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E6%9E%9D%E5%9E%82%E3%82%8C%E6%A1%9C%E5%89%8D%E3%81%A7.jpg

今日のコーディネイトのご紹介もしなければ、ですね。春の青梅に締めていくのはこれしかない!と、祖母が染めた、春の里山風景の帯を合わせました。着物は桐生の泉太郎さん作の蛍絞りの紬。ちょっと分かりにくいのですが、紺色の帯揚げを入れています↓
%E8%9B%8D%E3%81%BC%E3%81%8B%E3%81%97%EF%BC%8B%E9%87%8C%E5%B1%B1%E5%B8%AF.jpg

最後に、青梅の町を流れる多摩川の夕焼け。ああ、美しい…
%E9%9D%92%E6%A2%85%E3%81%AE%E5%B7%9D.jpg

東京友禅の修業時代のお話、青梅の自然のお話など聞かせて頂き、とても楽しい時間でした。鷹取さん、ありがとうございました!
「鷹取麻利子 友禅染展」は、今週末4月16日まで、青梅「繭蔵」で、連日11時~5時まで開催。
青梅の美しい自然やかわいらしいカフェ、かんざし美術館、澤乃井酒造見学などと併せて、週末足を延ばすのと楽しいと思います。ぜひお運びください。


にほんブログ村

にほんブログ村

「婦人画報」にて、「夢の学校」企画、3つの夢のレッスンを取材しました。 2017/04/13



collage_photocat.jpg
昨日に引き続き、発売中の「婦人画報」5月号で担当したお仕事のご紹介です。
今月号の第一特集「夢の学校」は、え!こんな方に教えて頂けるの?という豪華な講師に、その専門領域を教えて頂いちゃおうという企画。今号で生徒募集をかけ、数か月以内にレッスンが実現されます。取材では、読者の皆様にその内容をお伝えするため、講師になって頂く方にお話を聞いたり、実際のレッスンの様子を再現して頂きました。
私が担当したのは、三つの授業。

☆野村万蔵先生に直接狂言を教えて頂くという、豪華過ぎる「太郎冠者になる狂言教室」は、画家・女優の蜷川有紀さんが体験入学した様子をレポートしています。発声から始まり、野村家所蔵の衣装を着て台詞を言ったり狂言独特の所作を学んだり、本当に豪華です。

☆そしてそして、「高橋真琴先生に習う、少女絵スーパー塗り絵レッスン」。
顔の三分の一ほどもある大きな瞳、その中にきらきら光る星、長いまつ毛、縦ロールの髪…という、少女漫画の女の子像を作り上げたのが、今年八十九歳の高橋真琴先生。その真琴先生に少女絵塗り絵を直接習っちゃおう!という夢のレッスン企画です。
千葉県佐倉市にある先生のご自宅へうかがい、模範作として塗り絵を仕上げて頂く様子をレポートしているのですが、先生が、本当にチャーミングな方で、大ファンになってしまいました。
現在では世界中に熱狂的なファンがいて、毎年開かれる個展では5分で作品が完売してしまうという先生。メーカーとコラボした真琴グッズも売れているので大金持ちのはずなのですが、よれっとしたようなセーターを着て、ご自宅もとても質素で、とにかく絵さえ描いていれば幸せなんだ、ということがひしひしと伝わって来ました。今でも毎日写生をし、画材を試し、作品に向かっているそうです。まさに真の芸術家。大変に大変に心に残る方でした。

☆三つ目の授業は、「一度亡くなってみませんか」というショッキングなタイトルでお送りする、「死の体験旅行」という授業です。
仏教僧侶の浦上哲也さんが主宰するワークショップで、或る日、病院で進行性癌が発見され、死に向かい衰えて行く日々を仮に体験してみる、という内容。現在、数か月に一度ほど行われているこのワークショップを、特別に「婦人画報」読者の皆様のために開催していただきます。
私もこのワークショップに参加して原稿を書いたのですが、他の参加者の中には涙ぐむ人もいました。参加することで、自分にとって本当に大切なものが何かが見えて来る仕掛けになった、とても意義のあるワークショップです。より詳しい内容を、ゼヒ本誌でご高覧頂ければと思います。

これらの授業の他にも、有元葉子さんに習う簡単オーブン料理教室、美しい歩き方レッスン、水墨画を銀閣寺で習う授業等々、夢の授業がいっぱいです。皆様どしどしご応募ください!


にほんブログ村

にほんブログ村

「婦人画報」5月号にて『大人のkawaii』企画を取材執筆しました☆ 2017/04/12



今月1日の発売以来、早くご紹介したい!ご紹介したい!と思いながら諸々ばたばたしていて今日になってしまった大好きなお仕事のご報告です。発売中の「婦人画報」にて、大人の「かわいい」を考える企画を担当しました。
一般に「わーかわいい!」と女子が叫ぶときの「かわいい」は、サンリオに代表されるような、「ファンシーなかわい」ではないかと思います。実は私自身はそんな「かわいい」も大好きなのですが、よくよく考えてみれば「かわいい」の範囲はもっと幅広い。
ファンシーなかわいさは、大人の女性の場合、自らの年齢をわきまえて、前面には好き!を出さず、部屋でこっそり眺めるものであるような‥そんな、若さ、未熟さと結びついている側面があるのではないかと思います。
そうではなく、大人の女性が身につけていて、部屋に何気なく置いていて、それでもセルフイメージとずれて行かないような「かわいい」。今回は、独自のセンスを持った六人の大人の女性にインタビューし、実際に何をかわいいとかんじていらっしゃるか、お持ちのものを見せていただきながらそれれぞれの方に「かわいい観」を語っていただいています。
中で、私がお会いして取材したのは、お三方。
%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%88%E3%81%95%E3%82%93%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8.jpg
↑先ごろ「亀倉雄策」賞を受賞された、デザイナーの渡邊良重さん…日本橋三越などで大人気のチョコレート店「Audrey」の、あの悶絶かわいいパッケージをデザインした方です! 
%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%95%E3%82%93.jpg
↑それから、「Olive」少女だった方なら、きゃ!と反応してくださるはず。「マチルド・イン・ザ・ギャレット」店主の酒井しょうこさん。10代の頃、私も「Olive」を片手に代官山をうろうろしたものですが、現在は田園調布にお店を移していらっしゃいます。
%E6%B7%B3%E4%BB%A3%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%92.jpg
↑そして、青山でアートギャラリーを経営する川崎淳与さん。
このお三人に、それぞれ、「ひねりのあるkawaii」「ホーリーなkawaii」「アートなkawaii」と題したような「かわいい観」をお聞きしました。ここでその内容を書きたいところですが、もちろん、書店で、電子書籍でご購入くださいね☆
どの方とも本当にお話が弾んで、そして、編集の方もカメラの方も女性だったので、みんなで「かわいい!」を連発しながらの楽し過ぎるお仕事でした。ぜひご高覧ください。きゃ!(かわいいつもり)
(明日は、もう一つ担当した企画のご紹介をします)

にほんブログ村

にほんブログ村

雪柳を生ける 2017/04/01



KIMG1861.JPG
雪柳は好きな花の一つです。
可憐に見えて雑草のように力強くどんどん繁殖して行く、その生命力に惹かれます。
そして、我が家の庭の雪柳の花が今年もご多分に漏れず、もう、爆発的と言うしかないほど爆発的に咲いているので生けてみました。
今月下旬の社中の温習茶会で花担当を仰せつかっており、この籠を使う予定。口の広さなど、体でつかむための練習を兼ねて。

にほんブログ村

にほんブログ村